電気シェーバーは青髭になる?

「電気シェーバーでヒゲをそると青髭になるというのは本当?また電気シェーバーのデメリットについて」

 

電気シェーバーでお手入れを行っている人は多いです。

 

理由としては、主に肌に負担がかからない点やスムーズに場所をあまり選ばず処理が行えるところとなります。

 

しかし、「電気シェーバーでヒゲをそると青髭になる」という話も耳にしますが、本当のところはどうなのでしょう。

 

まず、電気シェーバーとは剃刀と肌の間に薄い金属の板があるので金属の厚さの分しっかりと剃りにくいです。

 

そうなると、深剃りしにくと言う点があげられます。

 

青髭というのは、剃り残しが肌から透ける状態を指すのでしっかりと剃れない電気シェーバーでは、青髭を引き起こしやすいのは本当かもしれません。

 

ですが、青髭になる人はヒゲの毛量が多めで毛質が太くて色白の人が目立ちやすいということになるので、電気シェーバーを使用したからといって青髭になる訳ではないのです。

 

従って、上記のような特徴を持っている人が電気シェーバーを使用した際に青髭になるというのが正しいです。

 

この場合、剃刀での処理の方が電気シェーバーよりも深剃りが出来るのでお勧めとなりますが、正しい方法を行わないと剃刀負けによって肌トラブルが引き起こされるので注意が必要となります。

 

また、深剃り型のシェーバーでお手入れする場合は肌ダメージが大きいため、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるので肌の弱い人には不向きと言われています。

 

電気シェーバーのデメリット

 

冒頭であげたようなメリットはあるものの上記の他にもデメリットは目立ちます。

 

・処理出来ない場合もある
毛穴の形状によってはうまく処理で出来ない部分も出てきます。
また、産毛は剃りづらいため薄ヒゲには向かないのです。

 

・夏場は汗によって肌のすべりが悪くて剃りにくい
泡やクリーム等を使用しなくても剃れるものの、夏場は使いづらく剃った後ヒリヒリしてしまう場合があります。

 

・肌質によっては炎症を起こすことがある
特に金属アレルギーの場合は、炎症を引き起こす可能性が高くなります。

 

・電化製品は電磁波を発しているため人体への影響がある
電磁波は、感電などの「刺激作用」や発熱などの「熱作用」の他に「非熱作用」があります。
こちらは、免疫力を下げてガンや白血病などの病気の原因になる可能性があるのです。

 

・毎日のお手入れ
これは剃刀でのお手入れにも言えることですが、毛穴の奥から処理を行っているわけではないのですぐに毛が生えてきてしまいます。
特に、電気シェーバーは剃刀よりも深く剃れないという点があるので毛が気になるスピードも速くなるのです。