「ジェルやローションの効果が期待できない理由」

剃刀などの刺激で肌荒れを起こしてしまう場合はジェルやローションで処理する人が多くなっています。

 

しかし、ジェルやローションについての効果はしっかりと実証されていないのが現状です。

 

もちろん、多少の抑毛効果は期待できますが自分が納得いくほどの効果はありません。

 

例えば、人気の高い商品に関しても口コミでは『効果がない』『インチキ』といったネガティブな意見が多数あがっているのです。

 

尚、肌を守るために使用したにも関わらず炎症を引き起こしてしまったりその他にも『かゆくなった』『ヒリヒリする』といったものまでありました。

 

ここで、メーカーや販売元に“効果がない”と返金を申し出た人もいますが、そもそも電話が繋がらなかったり電話が繋がったとしても『効果には個人差がある』などと返品や返金を受け付けてもらえないケースは意外にも多いのです。

 

そのため、ジェルやローションを使用して思うような効果が出ない人は、結局剃刀や脱毛エステで処理することが多くなっています。

 

ちなみに、ジェルやローションを使用して効果があるとしている人もいますが、こちらの声はメーカーの宣伝やアフィリエイト絡みのやらせが多いように思います。

 

いわゆるステマと呼ばれるもので、これによって金銭が発生している可能性が大いにあるのです。

 

また、中にはジェルやローションを根気強く使用している人もいるのは事実となりますが、効果を確かめたい場合は長期に渡って使用する必要があります。

 

理由は、実際に使用した人の悩みを見ていくと『どうすれば効果が出るのか?』『そろそろ1本終えるけど、あとどの位で薄くなるのか?』などの声が挙がっているからです。

 

ここでも個人差があると言われてしまえばそれまでですが、こういった声が多いと言うことは効果自体はあまり無いというのが本当のところでしょう。

 

加えて、ジェルやローションの値段というのは長期間使用し続けるには少々値が張ってしまうという点もあり、結果的に『はじめから脱毛サロンで施術した方が良かった』という意見も結構挙がっているのです。

 

最後に、ヒゲというのは他の毛よりも毛根が強くなっていて、脱毛サロンでも何度も施術してやっと毛の処理が完了するものとなっています。

 

さらに、電気シェーバーでヒゲ剃りを行っている人は、朝しっかり剃っても“夜にはもう生えてきてしまっている”といった経験をしている人は多いと思います。

 

そうなると、ヒゲというのはジェルやローションを塗ったくらいでは脱毛はおろか抑毛すらままならないことがわかると思います。