脱毛器でヒゲ脱毛する場合の利点

自宅で手軽に行える脱毛器の人気は高まっているのです。

 

多い理由の一つとして、好きな時間に自分で行えるという点でテレビを見ながらリラックスした状態で行えます。

 

また、ヒゲに関してはデザインが明確になっていて人に任せるより自分で行った方が良いという人もいます。

 

さらには、脱毛エステに通う時間がない人にとっては最適な脱毛方法となるようです。

 

尚、全身脱毛を考えている人はコストが安いと言う点で選ばれていて、脱毛器の値段は4〜8万円が相場となっていて初期費用についてはこれ以上はかかりません。

 

追加で掛かるといえば、カートリッジ代金ということになりますが約4〜9千円とリーズナブルでカートリッジの持ちも良好です。
(脱毛器によっては、追加料金が一切かからないものもあります。)

 

やはり、脱毛エステとなると全身トータル30万円〜掛かかってきてしまいますし、回数の方も制限があって期限内に脱毛が完了しない場合もあります。

 

そうなると、料金の方は追加という形になってしまうのです。

 

中には、定期的に通うのが面倒になってしまって結局行かなくなってしまった人も少なくはありません。
(どのような理由でも当日キャンセルする場合や契約金に関しては、返金されない場合もあります。)

 

ですので、自分のペースで無制限に脱毛を行いたい人に関しては脱毛器での処理がお勧めとなります。

 

薄くなるまでの目安期間

 

ここで、脱毛器によってもさまざまですが毛が薄くなるまでは1年程度となり処理がほぼいらなくなるまでには約2年となるようです。

 

人によっては、半年で毛が薄くなるという場合もあります。

 

ここは、毛量や毛質によって差がありヒゲや指毛は時間がかかってしまったりと部位によっても差はあるのです。

 

ですが、大体1〜2年後にはほぼ処理不要になります。

 

ちなみに、痛みについてですが脱毛エステと比較すると出力を調整出来るということもあって感じにくい上に肌にも低刺激となっています。

 

どうしても痛みが怖いという場合は、照射のレベルを一番低く設定して徐々にレベルを上げていくことがお勧めです。
(この場合、毛が薄くなるまでの期間は延びる可能性があります。)

 

最後に、脱毛器の最大の利点については低コストで自分のペースで脱毛出来て、わざわざ出かけたり人と接しなくても脱毛効果が見込めるところにあります。

 

加えて、肌がデリケートな人はもともと出力が低いという点と出力を調節出来るということもあって肌トラブルを起こす心配がありません。