「青髭の原因と消す方法」

脱毛エステやクリニックでの相談内容の多くに青髭が挙がっているようです。

 

また、悩んでいるほとんどの人はあごや頬などの広範囲に青髭が生えています。

 

こちらは、皮膚の表面に出ている髭をそり落とした奥深くの毛根が皮膚を通して透けて見えるものなのです。

 

つまり、剃り残しということになります。

 

尚、髭の色と肌の色が混ざったものということなるので色黒の人よりも色白の人のほうがより青く見えてしまいます。

 

さらに、毛が太くて毛量が多い人は青く見える面積が増えるのでより青髭が目立ってしまうのです。

 

ここで、自宅でできる青髭対策としてはしっかりと深剃りを行って剃り残しをなくすことが第一となります。

 

従って、電気シェーバーを使って髭剃りをしている場合は深剃りが可能な剃刀に変えてください。

 

髭を剃る前ですが、温めたタオルやお湯などで髭をやわらかくして剃りやすい状態にしましょう。

 

仕上げとして、毛の流れに逆らう方向から軽く剃るとさらに深剃りになります。

 

お手入れが終わった後は、ローションや乳液で肌を保護する事が大切で次回のお手入れがスムーズにいきます。

 

このように、しっかりと髭を剃ることによって青髭は格段と目立たなくなるのです。

 

しかしながら、時間が経過してしまえば毛が成長して青髭が目立ってしまうことはいうまでもありませんし、肌の弱い人は深剃りすることで肌に負担がかかってしまいます。

 

出血や炎症を引き起こしてしまうケースもざらです。

 

そのため、肌のことも考えた時に青髭自体を消すには毛根から処理を行う必要があるのです。

 

こちらは、剃刀などで行うのは無理があるので毛根を破壊させる脱毛器の使用や脱毛サロン等での施術がお勧めとなります。

 

この場合、毛を生やす毛母細胞を破壊する機器(レーザー、フラッシュ、針)での処理となるので、毛根自体が処理されて皮膚を通して毛が透ける事はなくなるのです。

 

実際に、脱毛を行った人は青髭が気にならなくなったという意見が多くなっていますし、自己処理によって引き起こされた黒ずみ等も目立たなくなったという人も結構います。

 

最後に、青髭を隠すために剃らずにオシャレに髭を伸ばすという人も結構いるようです。

 

こちらは、仕事上差し支えなければお勧めの方法となりますが難しい場合は、少し日焼けをして肌を黒くすることで目立たなくなります。

 

加えて、ファンデーションを軽く塗って隠すという方法もあるので脱毛器等で処理するまでの間の参考にしてみて下さい。
(青髭を隠すスティックファンデーションも販売されています。)