ヒゲは早めに脱毛処理をしておいた方が良い!

剃刀負けによって肌荒れなどのトラブルが引き起こされていても、剃刀などでのお手入れを行っている場合は今すぐにやめたほうが良いです。

 

こちらの行為は、黒ずみ・色素沈着と深く関係し、剃刀の処理によって肌に負担がかかって炎症を引き起こしてしまいます。

 

これは炎症性色素沈着と呼ばれていて、炎症を起こした肌は皮膚を守ろうとして防衛反応としてメラニンが働きます。

 

このメラニンは、刺激がおさまればやがて生成されなくなるのですが、刺激を何度も繰り返してしまうと生成が過剰になってしまうのです。

 

そうすると結果的に、黒ずみ・色素沈着として現れてしまい青ひげの原因となるのです。

 

そのため、炎症が起こっているのにも関わらず剃刀などでお手入れをしてしまうと上記に繋がってしまうことになります。

 

すでに青ひげだが・・

ちなみにこのサイトの訪問者の中には、すでに青ひげで解消したいとお考えの方もいるのかと思います。

 

剃刀での処理で黒ずみ・色素沈着が出来てしまった場合は、こういった刺激を日常生活から避けることはもちろん“新陳代謝が行われず”に色素沈着が慢性化してしまって角質が内部に溜まって黒ずみ等が取れない可能性があるため、保湿を行って肌のターンオーバーと呼ばれる新陳代謝を活発にさせる必要があります。
尚、黒ずみや色素沈着専用の保湿ジェルも販売されているので自宅でケアしたい場合は試してみるのもいいかもしれません。

 

ただ、剃刀で処理を行っているうちはいくらケアを行ったとしても黒ずみ・色素沈着を引き起こしてしまう可能性は高いです。

 

一番てっとり早いのは、毛の処理方法を見直すことが最善策!

 

短期間で解決するならレーザー脱毛が最善策!

例えば、肌に負担が少ないハサミでカットする方法や電気シェーバーで処理する方法などが挙げれます。

 

しかし、ハサミでの処理は手間がかかってしまう場合がありますし、電気シェーバーでも青髭の原因となる。

 

ではどうしれば良いかというと医療脱毛でのお手入れがお勧めです。

 

理由は、肌への負担が少ないことはもちろん毛根自体を破壊させて毛の成長を止めるので自己処理する必要がなくなるからです。

 

ヒゲ脱毛で有名なイセアクリニックでは実際に、レーザー脱毛で処理した人は自己処理の負担がなくなるという声やレーザーがメラニンに働きかけるということで黒ずみや色素沈着が解消されたという声もあります。
参考ページ→イセアクリニックのゴリラ脱毛

 

従って、黒ずみ・色素沈着を引き起こす可能性の高い方法以外でもお手入れをしていくことが対策となります。
ちなみに、剃刀でのお手入れを行いたいという場合は肌に負担のかからない正しいヒゲ剃りを実践する必要があります。

 

加えて、ローションなどのアフターケアをしっかり行って肌を保護することも必須です。